マイニングをするために注意すべきこと

未分類 0件のコメント

マイニングといえば直訳すれば採掘になりますが、仮想通貨を支える技術としても有名です。仮想通貨はブロックチェーンや電子署名のような暗号技術の上に成り立ち、国家による価値の保証のない電子的な通貨を意味します。ビットコインは仮想通貨としてはじめて登場し、それ故に様々なタイプの通貨を購入する際に基軸通貨として扱われています。マイニングはいわゆるブロックチェーンをつなぐ作業で、成功すれば報酬を得られることが特徴です。ビットコインの送金をするとそのトランザクションはすぐに他人に伝わりますが、この時点ではブロックチェーンには保存されていません。このため、マイニングで新しいブロックをこれまでのブロックチェーンにつなぎ、成功すれば報酬が発生します。しかし、マイニングはハッシュ値計算の競争を行いますが、この際に膨大なPCパワーが必要でボランティアで行う物好きはいないものです。

マイニングは得られる報酬が多くなるため外貨を稼ぐ方法として重宝され、マイナーと呼ばれる人たちがしています。マイナーは世界中にたくさんいるため、送金取引を承認すると報酬が支払われビットコインの場合は10分ごとに12.5BTCが支払われ2019年3月時点では日本円に換算すると540万円です。マイニングの報酬は現金ではなく仮想通貨で行われ、新規に発行される条件は成功させた場合に限定されます。このため、仮想通貨の新規発行という大きな役割がありますが、ビットコインの総発行量は2140年までに2100万BTCと事前に定められていて現時点で83%に達してあと17%しか残っていないです。また、21万BTCごとにマイニング報酬が半減されていき、今後は厳しくなることが予想されます。

マイニングは仮想通貨における取引を承認する役割があり、正しいと認められたデータが書き換えられないようにする必要があります。また、改ざんをするとナンスを計算し直さないといけないことや、ナンスの見つかったブロックはできなくなる仕組みです。やり方はクラウドマイニングやプールマイニング、ソロマイニングがあり、最適な方法を探すと仮想通貨を新たに発行できます。中でもクラウドマイニングはマイニングをする団体にお金を出せば代行してもらえ、その利益を受け取れる仕組みです。このため、投資するだけで済むため手軽な取引ができ、様々な機材を購入せずに資金を準備するだけで手軽にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です